M&Aのプロセス(譲渡・売却側)

以下では、M&Aによって譲渡する場合の基本的なプロセスを紹介します。ケースによっては、順序の変更や、複数のステップを同時に行う、またはステップの省略などもあります。

  1. ご相談(要予約)

    まずはお電話か、本ウェブサイトのお問い合わせフォームにてお問い合せ下さい。
    ご面談では、弊社が、企業・事業を売却する際のプロセスやメリット・デメリットなどのご説明を行います。その後、お客様の事業の状況、希望条件、M&Aのスキーム(株式譲渡・事業譲渡など)、希望売買価額、事業の現状などをヒアリングさせていただきます(秘密厳守)。決算書などお持ちいただければ、より具体的なお話ができると思います。

  2. 秘密保持契約の締結・M&Aアドバイザリー契約の締結

    M&Aについて、ご理解いただいた後、情報漏えいを防ぐために最も大切な、秘密保持契約、そして買収候補者の選定、企業・事業評価などその後のM&Aのお手伝いをさせていただくために必要なM&Aアドバイザー契約(ファイナンシャル・アドバイザー契約)をご締結いただきます。

  3. 必要書類のご準備

    弊社がお客様の企業・事業を評価するため、そして、買い手候補に適切な情報を開示するため、譲渡スキームを正式に検討するために必要な書類をご提出いただきます。

  4. 評価(バリエーション)

    書類を基に、弊社がお客様の売却対象の企業・事業の評価額を算出します。

  5. 買収候補先の探索・選定

    買い手候補をリストアップし、お客様(売り手)と一緒に選別作業を行い、担当者より買い手候補に対してお客様(売り手)の案件の打診をします。この初期アプローチでは、お客様(売り手)の秘密情報は匿名で打診しますのでご安心ください。

  6. 諸条件の交渉・トップ面談

    上記の初期アプローチで興味を持たれた買い手候補先企業には、お客様の了承を得た上で情報を開示します。譲渡条件その他ご要望の調整を行ない、有力な候補先が出てきた時点で、担当者立会いのもと、お客様(売り手)と買い手候補で実際に顔を合わせてご面談いただきます。そこでお互いの人間性、将来ビジョン、M&Aに対する考え、疑問等の解消を行えます。

  7. 条件調整

    担当者が双方の間に立って、希望売買価額や条件を調整します。

  8. 基本合意書の締結

    これまで交渉してきた内容や条件で双方が大筋合意できたら、M&Aに向けて合意した事を示す「基本合意契約」を締結します。

  9. 買収監査(デューデリジェンス)の実施

    基本合意締結後、買収希望側企業が指定する公認会計士や監査法人、弁護士、税理士、経営コンサルタント等による買収監査が実施されます(実施費用は、買収希望企業様が負担)。

  10. 最終条件の確定

    上記、買収監査の結果を踏まえて、譲渡条件を最終確定します。

  11. 最終契約の締結・調印式

    買い手企業と御社で最終契約を締結し、調印式にて株券や鍵の引き渡し、代金決済、弊社への手数料の支払いを行ないます。